感染症遺伝子検査機器 ID NOW


※現在 こちらの検査は重症化のリスクが高いなど、

医師が「特に必要」と判断した場合のみに限らせて頂いております。

PCR検査、抗原キットでの診断は今まで通り行っております。


2021年9月に新たに感染症遺伝子検査機器を導入しました。

NEAR法による等温核酸増幅法を用いた検査機器です。

PCR検査と同等の高感度で、13分*と短時間で結果がでます。

*陽性の場合は13分かからず結果が出ます。